kodakaraに配合された葉酸とは?

kodakara

kodakaraには妊娠や妊娠初期に必要だとされている栄養素の「葉酸」を配合しています。

 

葉酸は厚生労働省からも積極的に摂取するよう勧められている女性の健康や妊活時に欠かせない成分として注目されています。

 

kodakara

 

葉酸は食事だけで補うのは大変

葉酸を含む食べ物はホウレン草やレタス、キャベツなど濃緑色野菜や葉野菜に代表される野菜に含まれています。
他にもレバーなどからも摂取することができますが、食事だけで補うのが難しく不足してしまうことから、しっかりと効率良く摂りたい時にはサプリメントなどでの摂取がおすすめされています。

 

厚生労働省が推奨する日本人の食事から摂る葉酸摂取量では成人女性は240μgを食事から摂ることを推奨していて、これに加えて妊娠を計画している、もしくは妊娠の可能性がある方の場合、神経管閉鎖障害のリスク低減のために1日400μgをサプリメントなどのモノグルタミン酸型葉酸で摂ることを推奨しています。

 

妊娠の1ヶ月前から妊娠初期(3カ月)の間に十分な量の葉酸摂取を推奨しています。

 

1日400μgというと、野菜換算で約350gに相当するため、毎日の生活で摂り続けるというのはしっかりと意識しないといけません。

 

葉酸は食事で摂ろうとすると、調理過程で失われやすい点があり、十分な摂取が大変だったりします。
この点を考慮して効率良く体内で利用・吸収することを考えた生体利用効率が良いモノグルタミン酸型葉酸(サプリメントに含まれる合成葉酸)での摂取を推奨しています。

 

厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf
厚生労働省「日本人の食事摂取量基準2015年」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

 

葉酸以外にも女性に嬉しい栄養素を濃縮

kodakaraには葉酸を含む、女性に嬉しい13の栄養素を一粒にギュッと濃縮したオールインワン妊活サプリで、不妊治療の専門家が開発したということで、話題となっています。

 

葉酸以外の成分では、マカ、たんぽぽ、亜鉛、ビタミンEなどが含有されており、食生活での栄養面のバランスを補ってくれる内容となっています。

 

成分の吸収を高めることを考えた成分

せっかくの成分を摂取しても、体内に吸収されなければ意味がありません。

 

kodakaraの魅力はこれら13の成分が体に吸収されやすくなるように、栄養吸収をサポートするための成分、ナットウキナーゼ、有胞子性乳酸菌、イソマルトオリゴ糖が含有されていることです。

 

安心して飲むためのこだわり

kodakara

また、kodakaraは厚生労働相の医薬品GMPガイドラインを遵守し、厳重管理のもとに作られています。

 

自分の体だけでなく、生まれくる赤ちゃんにとっても安心して飲むことができるように作られているわけですね。

 

しっかりと続けられるような内容に加えて、キャンペーンも実施しています。定期便は通常価格よりも大幅に割引、継続する中で気になる価格面もお得なプランになっています。

 

 

kodakara


関連ページ

マカ
妊娠したい女性の健康管理におすすめのマカ成分配合のサプリメント「kodakara」のマカの特徴について解説します。